ちっくーの日常記

医学部生が日常を思うがままに描くだけのブログ 毎週日曜日更新

姫路へ行ってきました

久しぶりの旅行カテゴリ… まぁ更新してこなかった自分が悪いのですが

 

朝晩が冷え込むようになってきて、秋がより深まってきたこの頃。あまりすっきりした天気が続かなかったのですが、今日は見事な秋晴れ。そんな中、仕事から帰宅した父親から突然、「姫路城に行こう」と一言。

…え?という感じでしたが、ほかにすることがないので、母親も加え三人で姫路へ行ってきました。

 

平成の改修を終えて初めて訪れた姫路城

実は姫路城を訪れるのは2回目でした。1回目は4年前(当時高校1年)に1人で行きました。その記事はこちら↓

一人旅・福岡佐賀+姫路編・後編 〜姫路追加の真相〜 - ちっくーの日常記

とはいっても、天守閣に入るのは初めてでした。記事に書いているように、前回は天守閣の工事が行われていた上、入場時間もぎりぎりだったので諦めました。姫路はおまけみたいなものだったので。

しかし、今回は姫路城が目的ということで訪れているので、当然天守閣に訪れなければいけませんよね(笑)

f:id:fuel_siuyf:20181021201738j:plain

こちらが姫路城敷地の外から撮影した姫路城の天守閣です。前回は隣に重機がありましたがそれもなく、秋の晴天も加わって前回よりも威風堂々と立っている、そんな感じがしました。

広大な姫路城前の広場を通過し、長い坂を上り天守閣に到達。天守閣は土足厳禁のため、一度靴を脱いで中に入り、さぁ見学開始!

階段が結構急で、人の数も多く、最上階に到達するまで結構疲れました。そこから見える姫路の街が、結構よかったです。人の数が多すぎて、じっくりと眺めることができなかったのは残念ですが…

f:id:fuel_siuyf:20181021201736j:plain

 

この姫路城、他の城と違う点として、博物館のようになっていないことがあげられます。大阪城にしろ、福山城にしろ、他の城は内部を一部変えて武器や防具、書物などを展示する棚を設けているものが多いです。姫路城はどちらかと言えば城の内部は改修工事で強度を上げること以外の、必要以上に内部を変えておらず、そのままで保存されていたんですね。こうすることによって、1546年に建てられた当時の技術のすばらしさというのを、身に染みて感じることができる、そう思いました。もちろん、世界遺産化されたために勝手に改変できない、という事情もあるかもしれませんが。特に日本で一番目に登録された世界遺産ですしね。

 

天守閣を下って本丸から撮影したのがこちら

f:id:fuel_siuyf:20181021201732j:plain

この角度から撮ると、より威圧感が増す… そんな感じがしました。

 

隠れた名所?屋敷跡地・好古園

好古園って聞いたことありますか?私も今回初めてその存在を知りました。姫路城の西側にあり、平成4年に開園したものです。パソコンで「好古園」と一発で出てこなかったので、認知度は低いかな?ですが、現代にある貴重な日本庭園の一つです。

ここはたくさんの庭があり、それぞれ異なる風景を映し出しています。

f:id:fuel_siuyf:20181021201741j:plain

これは御屋敷の庭で撮影したもの。広い湖があり、この近くに名称通り屋敷があります。この屋敷の中にはレストラン・活水軒さんがあり、姫路御膳など和食を提供しています。食事時間が終了しており、飲み物だけということで、注文したのは紅茶。これが非常においしかったです。

 

f:id:fuel_siuyf:20181021201729j:plain

これは松の庭。瀬戸内地方のアカマツ林をイメージした庭園とのことです。植物には詳しくないのですが、それでも風情は楽しめるのかなと思います。

 

その他にも様々な庭が存在します。姫路に行って時間がある際は、一度立ち寄ってはいかがでしょうか。

 

 

急に始まった日帰り旅行でしたが、楽しかったです。どこか行きたいな~、とか思っていたので、息抜きにはちょうど良かったです。

最近は愛媛や高知に行きたいと思っています。その際は一人ではなく、大学の友達でも現地の友達でもいいので、都合があれば一緒に行きたいな、なんて考えてます。学祭などで忙しい友達もいますけど、なんとか行けないかなぁ…(笑)