ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 隔週日曜更新

一人旅・福岡佐賀+姫路編・後編 〜姫路追加の真相〜

前回の更新の続きです。前回をご覧になってない方は是非そちらからご覧ください。

 

一人旅・福岡佐賀+姫路編・前編 〜現代都市と弥生時代〜 - ちっくーの日常記

 

話は2日目になります。当初の予定では朝8時にホテルを出発し、佐賀市内を観光する予定でした。ところが、1日目雨が全く降らなかった様子から一転し、2日目は大荒れ。起床警報が発令されて、さすがに観光することは不可能という状態でした。そのため、ホテルを出発し、そのまま博多まで行きました。

博多に着くと、雨は若干弱まっていましたが、それでも観光するのは厳しい状況。そのため、博多駅構内で買い物をし、12時ごろには博多を出発してしまいました。

 

次に向かったのは姫路。さてここで、なぜ姫路に向かったのか、家に帰るなら(徳島に住んでいるので)岡山で乗り換えではないのか、と思う人がいると思います。実は姫路で宿泊するのにはある理由があります。それは学校の研修と日程がやや被ったからです。

私の学校では、夏休みに(全員ではありませんが)一二年生を対象に科学系の校外研修を行います。それで、この旅行の翌日、姫路にある新日鐵の広畑製鉄所で研修を行うということだったのです。それが判明したのは旅行の計画を立てた後だったので、どうしようかと考えた結果、現地で集合することにしたんですね。そのため、姫路で宿泊することになったんです。 一度徳島に帰ってもバタバタしていたでしょうし、そもそも台風で瀬戸大橋線がストップしていたので… ただ、台風は予想していなかったので、姫路での追加宿泊がこのような形で功を奏するとは思いもしませんでしたが(笑)

 

姫路に到着したのは14時半ごろ。ホテルに荷物を預けに行くと、そのままチェックインすることができました。その後は、姫路城を訪れました。幸い、姫路では台風による雨は全くでしたね。私が訪れるちょっと前に雨が上がったらしいです… やはり謎の晴れ男ですね(笑)

f:id:fuel_siuyf:20170611160738j:image

f:id:fuel_siuyf:20170611160801j:image

天守閣の工事のため、残念ながら中に入ることはできませんでしたが、外から見てやはり存在感があるなと。建物自体が大きいですし、姫路のシンボルですね。

f:id:fuel_siuyf:20170611161116j:image

ただ、一つだけ見つけたこの看板。これは結局私たちが何をしろということなんでしょうか… 未だにわかりません…(笑)

姫路という街は、お隣の神戸や大阪と比べると劣りますが、比較的大きい街ですね。新幹線「のぞみ」「みずほ」の一部が停車するだけのことはあります。

姫路城を訪れた後は、姫路駅で夕食を食べ、そのままホテルで眠りにつきました。この日もまあまあ早かったかな。

 

そして翌日。広畑製鉄所前で、クラスメイト一行と合流し、旅行終了となります。この後の研修では、実際に金属精錬の様子を見ることができ、また甲南大学で化学実験を行うことができ、充実した内容でよかったです。

台風の中実行したものの、結局台風によって大きく予定を狂わされることはなく、無事こなせた旅行ですね。ただ、佐賀市内を散策できなかったので、日本一周旅行の次の旅行として長崎旅行を計画しているのですが、その最中にでも寄りたいと思います。

 

さて、これで福岡佐賀+姫路編終了です。次はいよいよ、私の旅の中で最も大規模である、東日本一周旅行編をお送りします。4泊5日、アメリカ研修から帰ってわずか2週間で行なったこの旅行。長いため、5回に分けて更新します。