読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 毎週日曜更新

前へ

高予備入寮から早1週間が経過しました。ちょっと慣れてきた感じです。

 

今回はどんな感じな生活送っているかを、一連の流れで紹介していきますね。

朝、寮生の生活は7時から始まります。しかし、それ以前に起きることも可能で早朝自習に参加することができます。なので、私は5時に起きてますね。起きて、朝日を浴びるためカーテンを開けます(残念ながら窓は西側、朝日は入らない、朝5時まだ暗い)。そして窓を開けて、外の空気を浴びてスッキリ…(笑)

 で、5:30から6:30まで、主に物理・化学の勉強をしています。

朝7時に朝食をとり、平日(土曜含む)は8時に出発します。それまでの間に大抵外で干しているバスタオルを取り入れたり、乾いている洗濯物を畳んだりしますけどね。日曜は8:30から必須自習がGW後は課されますが、現在は無いので自室で勉強します。…で、昼から外に遊びに行く感じです。先週は備品購入のために高松市内をウロウロしてましたが、今日は気晴らしにサイクリングで坂出を訪れています(そのことに関しては後日のブログで…)。

16時までに帰寮した場合は先に入浴を、16時以降の場合は洗濯物の整理などを行います。そして17時に夕食。19時の必須自習までに、洗濯・洗濯物収納、入浴などをします。そして、18:30から自習室に入り勉強開始。22:15の終了までひたすら勉強します。今は数学・英語を中心にしてますね。その後は23:30の就寝まで自主学習。部屋で英単語、古文単語等の暗記をしています。23:15に携帯収納なので、23時までは携帯を使用しますが… そして23:30就寝。

これが基本的な流れです。

 

確かに、大学に進学するよりかは自由度は低いです。しかし、1人暮らし一年目の僕にとっては、この制限の多さが逆にプラスに働いていると思われます。1人だからって怠けたりだらけたりできない環境にいますし、自分ですべきことが明確になっているんですよ。だから、次は次はって考えながら動くことができる。それが今は楽しいですし、やり甲斐がありますね。それに、自分が行きたいと言って来てるわけですから、辛い・苦しいは覚悟の上ですし、辞めたいなんて言えませんからね。

…ただ、だからと言ってずっとここに籠っているわけにはいきませんから、一年で結果を出すために私生活を見つめながら勉学にも励み、次のステップへ進めるよう努力を続けていきたいです。

新生活

土曜日に入寮手続きを終え、新しい生活が始まりました。

前回の記事でも述べましたが、前期試験に失敗し、浪人の道を選んだため高予備で1年間勉強することになります。

部屋はベッド中心の生活になると思われるくらい狭いですね。当然テレビなどは無く、まさに専心勉学する…といった感じです。

昨日は夕食は自分で購入し食べましたが、それ以降は寮生と同様の生活。17:00の門限までに帰寮し、19:00〜22:15の必須自習に参加、その後23:30に消灯… なかなか眠れなかったです。

やっぱり寂しいですね。周りの同級生は大学進学しているので、ちょっと羨ましいと思ったりします(嫌味ではないですよ、私が言えば嫌味にしか聞こえないらしいですが)。…でも、同じく浪人した仲間もいますし、何せ自分が選んだ道ですので、第一志望を目指すためにここに来たんだということを忘れず、この一年頑張ろうと思います。

…ただ、まずは新生活に慣れないといけませんから、ゆっくり調整していきながら、勉学に励みます。住む場所も、徳島とお隣ですが多少変化しますし、何せ部屋環境が全く違うので。ただ、寮でさらに部屋が狭いというのは、今後の生活を考えた上ではかなりプラスに転じるかもしれませんね。何年かした後に、あの時浪人を選択してよかった、高予備でよかった、そう胸を張って言えるようになりたいです。

 

余談ですが、最近になって、何年か前に岡山大学の自由英作文問題で問われた「一年社会勉強してから大学進学したい人にどのようにアドバイスするか?」の答えが変化してるかもしれませんね。以前だったら、絶対に現役を勧めたでしょうけど、高校3年の秋から考えが変わってきてる気がします(だから失敗したんかな)。 社会勉強に進むという考えは、アメリカの方では比較的導入されてるみたいですし… 私は賛成かもしれませんね。まだ、一年過ぎたわけではありませんが…その答えは、また来年出したいと思います

 

ひとまず、来年徳島に帰れるよう、そしてその先のステップへ進めるよう頑張ります

289

この数字、何を意味するかわかりますか? 現役の高校生だったら是非知っていてほしい数字です。

 

答えは、2018年度センター試験までの日数です。浪人する私にとっては、この数字は大切な数字になってきます。

今年度、私はセンター試験1日目の英語で全てが崩れました。自己採点をその日にしたわけではありませんが、ものすごい不安にかられ、翌日への気持ちの整理が全くつきませんでした。2日目の教科も本来の調子を取り戻せず、その日の晩に自己採点すると、英語が全国平均点を下回る結果に… 医学科志望の私にとっては絶望的な得点(医学科の底は8割と言われてますが、それを下回る成績)に終わりました。

二次試験対策はしっかりと行うことができましたが、センターの時点で100点ものビハインドを背負った上に、会場にいるのは偏差値70前後の頭脳を持ったであろう集団。まだ成績開示されたわけではありませんが、惨敗に終わりました。

 

私はこの悔しさを来年の289日後にぶつけるため、浪人するわけです。医学科志望を曲げるわけにはいきませんし、何せ自分への悔しさが全く消えません。センター前日までに、同形式の問題集で英語は高得点を取っていた。それ故に油断があったのかもしれない、そう思うと悔しくて悔しくて… 結局、そんな心理要素も実力のうちなので、ただ単に実力が無かっただけですが。

 

本題はここからだったりしますが、いよいよ明後日、その基盤となる高松予備校に入寮します。この1年間、自由という二文字は無いと思われます。それを売りにした予備校ですから… でも、それでいいんです、自分を強引に正し、前に進むためにはそうするしか無いと思いましたから。もう後ろは振り返りません。変えられない過去を消すことより、変えられる未来を変えていくことが最も大事ですから。

前に進む、それが2018年度の最大の目標です。そして、289日後のセンター試験でリベンジを果たし、今度こそ岡山大学に挑戦できるよう頑張ります。そして、再会を約束した親友と、来年3月に再び会えるよう、頑張ります。

 

行ってきます

表現力

今週金曜日、母校の演劇部による自主公演に行きました。今まで、この演劇部による劇を観たのは文化祭の3回しかなく、実際に機材などがしっかりとした形の劇を観るのは初めてでした。

生まれてから18年間、私は演劇に関心が薄く、今まで観た劇といえば小学校6年生の時に遠足?のような形で劇場を訪れたときだけです。映画館も一度も訪れたことがなく、今回が自分の意志で観に行った初めての劇でした。

1年前までの自分であれば、きっと行くことはなかったでしょう。しかし、今回行こうと思ったきっかけは、何故かは知りませんが(おそらく地学部が原因)、現在2年生の地学部員とかなり繋がりがあり、昨年の6月の公演の時から観に来ませんか?と誘われていたんです。 しかし、入試関連の行事などが重なり、なかなか行けなかったんです。せっかく誘ってくれてたのに、一度も行かないのはどうかと思い、また昨年の文化祭の後にその部の演劇に非常に興味が湧いた、それらのことがきっかけで、今回観に行きました。

 

劇は約2時間半に渡り行われ、非常に面白い内容でした。軽く言いますと、内容自体はそんなに明るいものではありませんでしたが、それを楽しみながら観れるように工夫を凝らした、母校の校風らしいなぁって感じの内容でした。(どのように面白いのか内容を添えて具体的に述べたいところなのですが、それは大人の事情で省かせていただきますね)

1番驚いたのは、その工夫を生かした役者さんの表現力です。(私は審査員ではなくただの素人なので、個人的な意見になっちゃうかもしれませんが)観ているとその表現に引き込まれるような… そんな感じを受けました。実際、私の体は前のめりに20度くらい傾いていましたからね。

劇とは無縁といっても、中学校の文化祭のクラスの出し物としてやったことはありますよ。ただ、その時痛感したのが「役を演じることは、簡単に口で言えるほど易くはない」ということです。しかし、彼らの演技・表現力は自身が引き込まれるほど素晴らしいものでした。それだけものすごい練習を積んだんだ、と思うと、劇が終了した時の感動がより大きくなりました。

 

非常に面白く、楽しい2時間半を過ごすことができました。時間がある人は、一度は観に行った方がいいと思います。人それぞれなので、退屈に感じる人もいるかもしれませんが、少なくとも私は素晴らしいものだと思いました。高校生が一生懸命演じた、必死に努力した成果を表現したものに、文句などありませんし、感動しましたからね。(私のこのブログの表現力はどう頑張っても末期ガン並みに事故ですからどうぞ罵って鼻で笑ってください)

 

最後に、2度の自主公演を終えた演劇部の皆さん、本当に楽しい演劇をありがとうございました! 時間があれば、また来年も観に行きますね^_^

自身最後の#7

今週月曜日、ソフト部で引退試合がありました。久しぶりに部員全員が集まり、盛り上がりました。

 

卒業生が10人、現役が8人と人数が合わないので、1人が現役側に混じって試合を行いました。私は卒業生側として出場しました。

試合前のオーダーはじゃんけんにより決めることになり、私はまさかの一抜けでした(確か昨年もそうだったような…)

ということで、選択したのは「9番・センター」です。センターを選択したのは外野経験しかない上、そのなかでも一番得意なポジションがそこだからです。…で9番を選択した理由は… 適当?(笑) というのは冗談として、1番か9番で迷ってたんですけど、9番は1番よりも打てなかった時の責任が軽く(そんなわけない)、「恐怖の9番打者」に憧れがあったから(貧弱の9番打者の間違い)です。あと、投手を翻弄したかったのもあります(むしろ翻弄された)。

 

実際に試合をすると、1週間前からそれなりに準備していたにもかかわらず、意外と体が動かなかったですね。センターゴロを、WBC準決勝の菊池涼介選手のように後逸してしまいました…(センターゴロ後逸でホームランにした上、単純なセンターゴロだったので僕の方が罪は重い)

ただ、打撃ではタイムリーヒットを打つことができ、まあ上出来だったんじゃないかなと思います。

 

現役側が大幅にリードして迎えた6回と7回(最終回)は、アメトークでおなじみサイレント満塁を実行したり(1人が大声で言いサイレントでもなかったけど)、7回には5アウト制を導入したりと…なかなか姑息な戦略(ズル)を行いました^_^;

それでも、併殺に打ち取ってみせ、抑えた現役生の力に及ばず、負けてしまいました^_^; しかし、すごく楽しい一戦でした。楽しければ全て良し、ですね。

 

この日を持って、母校のユニフォームを脱ぐことになりました。背番号は途中で42から7に変えたので、高校で背番号7だった時期は短かったですが、中学も7を着用していた時期があり、何気にゆかり深いものがあるかもしれません。また大学でソフトをするときは、背番号7を着用したいと思います。

f:id:fuel_siuyf:20170323170633p:image

この学校でソフトをやれて本当に良かったです。

そして、最後にこのブログを結構読んでくれる後輩たちへ、この先もしっかりと努力して、是非さらなる高みを目指してください。強い投手と、粘り強い打撃を要したあなたたちなら、きっと私たちの成し遂げた、その先へ進むことができます!その報告を楽しみに待ってます^_^頑張ってください!ありがとう!

広島の街

姉が来年度の進学の関係で、引っ越すことになっているので、その手伝いとして広島を訪れました。

 

広島の街といえば、やっぱりカープ! …ですが、手伝いという名目で訪れている以上、試合を観に行く余裕はありませんでした… オープン戦やってたし、生の大谷翔平観たかったなぁ(助詞)

また、お好み焼きも食べずして帰ってきてます。広島に行ったと言いながら、堪能は全くしてないわけですね、まあ仕方ないです。

ただ、買い物でみんなが出かけている間に、姉の自転車を借りてちょっと走り回りました。

f:id:fuel_siuyf:20170319185333j:image

やっぱり都会というだけあり、通行量は徳島と比べ物になりませんね… 凄いです。道路は整備されていなかったので、ちょっと走りにくかったかなぁ

広島の街に触れると、やっぱりいいなぁってなります。まあ、私は岡山が最も好きなので、広島が好きになるといわゆる不倫という話になってしまいますが(訳わからん) それでも、カープがあるとか、お好み焼きがあるとかと、要素は揃ってますよね。そりゃあ好きになりますよ。それに都会だし… ただ、岡山と比べると高いすぎるのでね^_^; 私は岡山のあの、都会じゃないけど都会という感じが好きなので(笑)

 

余談ですが、今日は朝8時に徳島を出発し12時到着、16時に広島を出発し19時現在帰宅中です。往路は

f:id:fuel_siuyf:20170319190328j:image

瀬戸大橋を渡り、復路は

f:id:fuel_siuyf:20170319190401j:image

しまなみ海道を通りました。二つの瀬戸内海の景色を楽しむことができてよかったと思います。

 

以上19時現在、愛媛県今治市からお送りしました。

母校グラウンドに帰って…

昨日、再び母校ソフト部を訪れました。

昨日は見事な晴天。青空の下、青くなった左膝(事故による)を抱えながら、2時間ほど汗を流しました。久しぶりに守備についたり、マシン相手にフリーバッティングをしたり… 感触が懐かしく感じました。

守備においては… 事故レベルまで低迷^_^; 何せライナーに前突っ込んで、バンザイして捕り逃す…を5回くらい繰り返しましたからね(笑) これは真面目にヤヴァイ…

打撃はいつも通り、新フォームで臨んでヒット性の当たりを連発できたので、及第点かなと。あとはシート形式で打てたら問題なし… という感じですね。ただ、新フォームによる欠点として、選球眼が悪くなってしまっているので、その克服が課題になってきます。元々選球眼が売りだったので、それを崩すのは良くないと思いますし…

f:id:fuel_siuyf:20170316115454j:image

久しぶりのグラウンド、練習着を袖に通して動いたのは約9ヶ月ぶりでした。来週の月曜日は引退試合なので、それに向け調整を進めていきたいです。

次は土曜日に訪れます。土曜も月曜も晴れたらいいなぁ