ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 隔週日曜更新

岡山大学オープンキャンパス

前書き

また隔週更新です… 日本一周も、中の人が帰りたくないんでしょうね、ずっと函館に止まったままです。忙しいですので… 本当にすいません。

 

オープンキャンパスの参加動機 

さて、本題に移ります。昨日、岡山大学オープンキャンパスが行われました。当初、オープンキャンパスに行くかどうか決めかねていて、その間に医学科の募集が終わったので、もういいかなと思っていました。しかし同じ高予備生の友達から行くかどうか尋ねられ、色々検討して結局、その友達と一緒に行くことにしました。

その子はすでに医学科に申し込んでいたので、岡山に行って昼食を取ったあと鹿田キャンパスに行きましたが、私はもう岡大全体の説明を聞こうと、津島キャンパスで行われる「岡大の魅力説明」に申し込みました。そもそも岡大志望は、医学科以外にも魅力を感じるところがあったので、医学科のある鹿田キャンパスでなくても、きっとモチベーションは上がるなと思ったからです。それに、岡大の魅力となれば、必ずと言っていいほど医学科の説明が多少なりとも入るだろうという判断のもと選択しました。

 

岡山大学・津島キャンパスで

f:id:fuel_siuyf:20170805230240j:image

これは約一年前、岡山大学説明会の時に撮影した写真です。この時に訪れていた経験があり、道も知っていたので、岡山市のレンタルサイクル「ももちゃり」を活用して津島キャンパスを訪れました。

久しぶりの津島キャンパス、多少興奮するところはありましたね。市内の比較的中心部に位置しながら、広大な敷地を持つ岡山大学、それも魅力ですね。

 内容はやはり想定通り。一年前の岡大説明会と似たようなものでした。しかし、中四国の最先端を走る今最も旬な大学と言われているだけのことはあり、新たなプログラムを設けるなど、一年前とはまた違った感じになっていましたね。特にグローバル化に力を入れており、その点はすごいなと思いました。 60分授業、最先端医療、長い伝統と歴史… こういったことにも魅力を感じますね。(60分授業はただ単に、90分も講義を受ける集中力がないと思われるだけですが笑)

 

その後は岡山駅に戻って友達と合流し、一緒に高松まで帰りました。その帰り道で、お互いどんな説明を聞いたのかについて、話し合いました。お互いに一致していた考えは、やはり岡大はすごい、ということでした。医学に関する実績は、中四国では飛び抜けてますからね。

 

感想・感謝

今回ある種誘われる形で行ったわけなので、行き帰りでたくさん話することができました。同じ目標に向かって頑張ってる子と話すと、やはり色々感化されるところはありますし、自分もやらなくてはと思いますね。前期の成績では、その子の方が上なので、まずはその子に追いつけるよう、そして肩を並べられるようになったらまた切磋琢磨して、最後合格できるよう頑張りたいですね。オープンキャンパス誘ってくれたことや、たくさん話ができたことに感謝して、今後も頑張っていきます。