ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 隔週日曜更新

自己紹介手段とコミュニケーション

高予備に身を移して1ヶ月、授業開始から2週間が経過しました。マークテスト、進研模試も1回ずつ終え、明日第二回のマークテスト後半を終えて一旦帰省となります。この生活、慣れそうで慣れないですね。違和感がないけど違和感がある、そんな感じで… 分かりにくい表現ですが、曖昧なんです(笑)

 

さて、タイトルがなんだこれと思った方いるでしょう。予備校の授業が開始された訳ですが、塾とは異なってクラスやHRが存在します。また、高予備は出欠を厳しく取るので、高校に近い感じですね。登下校時間を学生証(ICカード)で取るといったことは、大学に近いですが…

ですので、他のクラスでは朝のHRで2人ずつ自己紹介したり、日直が存在したり、日誌が存在したりする訳ですが、私の属するクラスではないんですよね。その上、同じ高校出身の友達みんなと違うクラスでいて、さらに多浪されてる方もいるので、気軽に話しかけにくい感じがして、授業開始時は完全に独り身でした、はい(笑)

先週まで、誰とも話せぬ状況… これは本格的にマズイと思って、思い切って自己紹介カードというのを、ルーズリーフ一枚使って作ってみたんですよ。(完全に陰キャのすることですが) 自分で言うのもどうかと思いますが、私は多趣味で所属していた部活でいろんな功績を挙げた記録もあり、色々とやらかしてる人物だと思ってます。(←痛い奴) だから、口頭で言うより紙に書いて見てもらう方が早いんですよね。

…ただ、これに頼っては友達はできませんので、まずは話しかけるということからして、自分はこういう奴ですっていうのを示す、そんな感じでやってますね。

おかげで今週は20人くらいと話したかなぁ。ほとんどが香川・愛媛・岡山でした。徳島も何人かいました。1番遠いところだと、今のところは神奈川かな…

 

余談ですが話した人は全員医学科志望でした。これは高校ではあり得なかったことです、というのも私の代に医学科志望は私しかいませんでしたからね… もし現役で合格していたら、我が出身校における私の代で、医者は私だけという一躍有名人になれる状況になってましたね(まあ失敗に終わったので悪い意味で有名になりつつあり、そんな調子こいたこと言えませんけど)

 

話戻しますが、いろんな人と話すると、いろんなことが学べますね。そのため、昨日今日は積極的にいろんな人と話してみました。一度帰省し、1週間休むことになりますが、戻ってきたときにまたいろんな人と話ししたいです。まだ自己紹介すらしていない人も何人かいるので、そういう人に積極的に話しかけてみたいです。ただ、調子乗りすぎて、高校時代のように敵を作らぬよう気をつけます…(好みはあるので、できてしまうのは仕方ないんですけどね^_^;)