ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 隔週日曜更新

前へ

高予備入寮から早1週間が経過しました。ちょっと慣れてきた感じです。

 

今回はどんな感じな生活送っているかを、一連の流れで紹介していきますね。

朝、寮生の生活は7時から始まります。しかし、それ以前に起きることも可能で早朝自習に参加することができます。なので、私は5時に起きてますね。起きて、朝日を浴びるためカーテンを開けます(残念ながら窓は西側、朝日は入らない、朝5時まだ暗い)。そして窓を開けて、外の空気を浴びてスッキリ…(笑)

 で、5:30から6:30まで、主に物理・化学の勉強をしています。

朝7時に朝食をとり、平日(土曜含む)は8時に出発します。それまでの間に大抵外で干しているバスタオルを取り入れたり、乾いている洗濯物を畳んだりしますけどね。日曜は8:30から必須自習がGW後は課されますが、現在は無いので自室で勉強します。…で、昼から外に遊びに行く感じです。先週は備品購入のために高松市内をウロウロしてましたが、今日は気晴らしにサイクリングで坂出を訪れています(そのことに関しては後日のブログで…)。

16時までに帰寮した場合は先に入浴を、16時以降の場合は洗濯物の整理などを行います。そして17時に夕食。19時の必須自習までに、洗濯・洗濯物収納、入浴などをします。そして、18:30から自習室に入り勉強開始。22:15の終了までひたすら勉強します。今は数学・英語を中心にしてますね。その後は23:30の就寝まで自主学習。部屋で英単語、古文単語等の暗記をしています。23:15に携帯収納なので、23時までは携帯を使用しますが… そして23:30就寝。

これが基本的な流れです。

 

確かに、大学に進学するよりかは自由度は低いです。しかし、1人暮らし一年目の僕にとっては、この制限の多さが逆にプラスに働いていると思われます。1人だからって怠けたりだらけたりできない環境にいますし、自分ですべきことが明確になっているんですよ。だから、次は次はって考えながら動くことができる。それが今は楽しいですし、やり甲斐がありますね。それに、自分が行きたいと言って来てるわけですから、辛い・苦しいは覚悟の上ですし、辞めたいなんて言えませんからね。

…ただ、だからと言ってずっとここに籠っているわけにはいきませんから、一年で結果を出すために私生活を見つめながら勉学にも励み、次のステップへ進めるよう努力を続けていきたいです。