ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 毎週日曜更新

新生活

土曜日に入寮手続きを終え、新しい生活が始まりました。

前回の記事でも述べましたが、前期試験に失敗し、浪人の道を選んだため高予備で1年間勉強することになります。

部屋はベッド中心の生活になると思われるくらい狭いですね。当然テレビなどは無く、まさに専心勉学する…といった感じです。

昨日は夕食は自分で購入し食べましたが、それ以降は寮生と同様の生活。17:00の門限までに帰寮し、19:00〜22:15の必須自習に参加、その後23:30に消灯… なかなか眠れなかったです。

やっぱり寂しいですね。周りの同級生は大学進学しているので、ちょっと羨ましいと思ったりします(嫌味ではないですよ、私が言えば嫌味にしか聞こえないらしいですが)。…でも、同じく浪人した仲間もいますし、何せ自分が選んだ道ですので、第一志望を目指すためにここに来たんだということを忘れず、この一年頑張ろうと思います。

…ただ、まずは新生活に慣れないといけませんから、ゆっくり調整していきながら、勉学に励みます。住む場所も、徳島とお隣ですが多少変化しますし、何せ部屋環境が全く違うので。ただ、寮でさらに部屋が狭いというのは、今後の生活を考えた上ではかなりプラスに転じるかもしれませんね。何年かした後に、あの時浪人を選択してよかった、高予備でよかった、そう胸を張って言えるようになりたいです。

 

余談ですが、最近になって、何年か前に岡山大学の自由英作文問題で問われた「一年社会勉強してから大学進学したい人にどのようにアドバイスするか?」の答えが変化してるかもしれませんね。以前だったら、絶対に現役を勧めたでしょうけど、高校3年の秋から考えが変わってきてる気がします(だから失敗したんかな)。 社会勉強に進むという考えは、アメリカの方では比較的導入されてるみたいですし… 私は賛成かもしれませんね。まだ、一年過ぎたわけではありませんが…その答えは、また来年出したいと思います

 

ひとまず、来年徳島に帰れるよう、そしてその先のステップへ進めるよう頑張ります