ちっくーの日常記

予備校生が日常を思うがままに描くだけのブログ 隔週日曜更新

後期開始・球技大会

滞納した更新… 申し訳ありません。

なんかもう、忙しすぎてそれどころじゃなかったですね。ちょっと落ち着いてきたので、また更新できそうですが…

 

さて、先々週の木曜日高松に戻って、金曜日後期が開講しました。後期はこれまでに固めてきた基礎を生かして、演習中心の学習になりますね。前期・夏と基礎を固めた結果は出ているのか、テストや過去問で、調子が悪い・できていない時の点が、極端に低いということは減りましたね。苦手な国語や英語で高得点はなかなか取れませんが、得点があまりにも低いということも無いので、基礎は固められたなと思います。野球で例えると、前期の成績は炎上と好投を繰り返す投手だったのが、今は完封・完投はできなくても、試合は作ることができてる、という感じですね(笑)

ただ、ここからが正念場ですね。現時点でセンター720点を取るだけの力はあると思います。ここからあと90〜100点をどのように伸ばすかです。基礎をさらに強固にしつつ、応用力を伸ばす必要がある、そう考えると大変です。それに、練習と本番は違います。練習でできていたことが、本番急にできなくなることもあるので、やはり本番で800点を越えるなら、センター850点を取れるような力が必要なのかなと思います。目標を下げず、しっかりと信念を持って頑張っていきたいです。

 

さて、後期開講して間も無く、球技大会(ドッジボール大会)が行われました。この球技大会は前回の体育祭と違って、クラス単位ではなく、主に同じ寮生を中心に15名のチームを組んで行うというものです。

私が所属するチームは残念ながら一回戦で敗退しました。しかしリフレッシュできてよかったです。

…という感じで隣コートの後ろを通って退場しているとき、流れ弾が顔面に直撃してしまいました。幸い大事には至りませんでしたが、かなり痛かったですね。 優勝したチームの主力選手に当てられたようで、まさに弾丸ライナーでした。被弾という表現がぴったりですね(笑)

 

この球技大会を終えたことで、年度内の高予備のイベントはすべて終わりました。ここから先はひたすら受験勉強です。強い信念を持って、自分の目標とするところに行けるよう、頑張ります。

【お知らせ】隔週更新、今後の活動休止予定

お久しぶりです、ただいま帰省期間に入り、ゆっくりと休みつつも勉強しています。全くしないというわけにはいきませんし、受験生に夏休みなどありませんからね。

 

さて、タイトルにある通り、完全に隔週更新にしようかと思います。先々週・先週の日曜は更新できませんでしたので、既になってるやんとツッコミ入れている方もいるかと思いますが…

医学科合格を目指して、この一年浪人という決断をし、はや5ヶ月がたってしまいました。そして、センターまで残り5ヶ月もありません。

昨年度のトラウマを乗り越え、800点という大台を突破するのは簡単ではありませんし、まだまだ自分の学力は取るに足らないと自覚しています。ですので、勉強時間を増やしていって身体面で疲労を感じるようになってきています。また精神面でも疲労がたまってきていて、平常心が若干崩れてきているように感じています。抑えてますけど、いつ爆発するかわかりません。

このような状況下で、毎週更新するのは今後辛くなると思われますので、隔週更新にしようという判断に至りました。

改めて申し上げますが、私は受験生です。それも浪人している立場なので、やはり時間は取れません。ですが、これまで継続してきたブログを切ることができないので、隔週更新にするということが最善だと考えました。

 

しかし、受験勉強が佳境に入ると、更新どころではなくなると思います。そのため先んじて活動休止の予定について述べさせていただきます。

現時点では、10月いっぱいで活動を一旦休止する形を取りたいと考えています。ですので、通常更新ができるのは多くても5・6回程度になるかと思います。あらかじめご了承ください。

先週日曜日の文の記事は明日掲載します。また東日本一周旅行も8月中には完結させる予定です。毎週楽しみにしてくださる方には申し訳ありませんが、受験生という立場上、致し方がないことだと思っていただけると幸いです。

 

まだ休止というわけではありませんので、休止するまでの間よろしくお願いします。

岡山大学オープンキャンパス

前書き

また隔週更新です… 日本一周も、中の人が帰りたくないんでしょうね、ずっと函館に止まったままです。忙しいですので… 本当にすいません。

 

オープンキャンパスの参加動機 

さて、本題に移ります。昨日、岡山大学オープンキャンパスが行われました。当初、オープンキャンパスに行くかどうか決めかねていて、その間に医学科の募集が終わったので、もういいかなと思っていました。しかし同じ高予備生の友達から行くかどうか尋ねられ、色々検討して結局、その友達と一緒に行くことにしました。

その子はすでに医学科に申し込んでいたので、岡山に行って昼食を取ったあと鹿田キャンパスに行きましたが、私はもう岡大全体の説明を聞こうと、津島キャンパスで行われる「岡大の魅力説明」に申し込みました。そもそも岡大志望は、医学科以外にも魅力を感じるところがあったので、医学科のある鹿田キャンパスでなくても、きっとモチベーションは上がるなと思ったからです。それに、岡大の魅力となれば、必ずと言っていいほど医学科の説明が多少なりとも入るだろうという判断のもと選択しました。

 

岡山大学・津島キャンパスで

f:id:fuel_siuyf:20170805230240j:image

これは約一年前、岡山大学説明会の時に撮影した写真です。この時に訪れていた経験があり、道も知っていたので、岡山市のレンタルサイクル「ももちゃり」を活用して津島キャンパスを訪れました。

久しぶりの津島キャンパス、多少興奮するところはありましたね。市内の比較的中心部に位置しながら、広大な敷地を持つ岡山大学、それも魅力ですね。

 内容はやはり想定通り。一年前の岡大説明会と似たようなものでした。しかし、中四国の最先端を走る今最も旬な大学と言われているだけのことはあり、新たなプログラムを設けるなど、一年前とはまた違った感じになっていましたね。特にグローバル化に力を入れており、その点はすごいなと思いました。 60分授業、最先端医療、長い伝統と歴史… こういったことにも魅力を感じますね。(60分授業はただ単に、90分も講義を受ける集中力がないと思われるだけですが笑)

 

その後は岡山駅に戻って友達と合流し、一緒に高松まで帰りました。その帰り道で、お互いどんな説明を聞いたのかについて、話し合いました。お互いに一致していた考えは、やはり岡大はすごい、ということでした。医学に関する実績は、中四国では飛び抜けてますからね。

 

感想・感謝

今回ある種誘われる形で行ったわけなので、行き帰りでたくさん話することができました。同じ目標に向かって頑張ってる子と話すと、やはり色々感化されるところはありますし、自分もやらなくてはと思いますね。前期の成績では、その子の方が上なので、まずはその子に追いつけるよう、そして肩を並べられるようになったらまた切磋琢磨して、最後合格できるよう頑張りたいですね。オープンキャンパス誘ってくれたことや、たくさん話ができたことに感謝して、今後も頑張っていきます。

寮生合宿

お久しぶりです!先週と昨日は忙しさで更新できませんでした、ごめんなさい…

ただ、やはり勉強はしなければならない立場上、厳しいので… 8月末まではなんとか書き続けたいですけどね。

 

さて、タイトルにある通り、寮生合宿が土曜から火曜にかけて行われています。寮で合宿って、いつもと変わらんって話なのですがそこには突っ込まず… 通常は11時45分に午前の自習が終了し、その後は門限の17時まで自由時間になります。しかしこの合宿期間は、さらに13時から14時、14時10分から15時30分の2コマを追加して、計8時間20分の必須自習が課されることになります。

この自習が開始される前は面倒臭そうだと思っていましたが、たった8時間半程度しかないんですね。現役生は夏休み、学校側から1日10時間の勉強時間を取るように示唆されますから、それよりも1時間半も短いことになります。1時間半もあれば、数学の問題が2・3問多く解けますからね…

現時点で3日目、もう明日で終わりです。8時間9時間も勉強すれば、結構捗ると思われますが、実はそうでもないのが事実。油断すると、2次で課される英数理の3教科4科目で、8時間半を過ごしてしまうんですね。センターで課されるのは5教科7科目で、国語は触っていないと読解速度は遅くなってしまうので、国語、地理を含めバランス良く学習しなければなりません。そう思うと8時間半では到底足りませんね。

現在はほぼ全ての科目で基礎に立ち返った学習を行なっています。実践演習に入る前に、抜け漏れをほぼ無くしておきたいですし、数学IIIや英語、有機化学といった特定の科目分野で苦手が顕著に出ているので、それを埋めたいので、実践を焦る気持ちを抑えながら…

 

基礎をガッチリと固めた後は演習に移ります。そう簡単に成績は上がらないとは思いますが、それでも目の前のすべきことを一つ一つ積み重ねながらやっていけば、合格に近づけると信じています。今年、涙を飲んだセンター試験。来年のセンターまではもう半年を切りました。ここからはさらにペースを上げ、頑張っていきます。

 

来年の春は、くやし涙ではなく、うれし涙を流せるよう、頑張ります。

夏期面談

木曜日、保護者会という名目で、三者面談が行われました。前期も終了間近であるため、主に前期のこれまでの成績確認や、現時点における志望校の距離、また夏期講習以降の勉強のプランについて話しました。

 

前期成績・マーク

マークテストの結果は現在所属しているクラスと比べ、やや低い水準でした。特に、英語と国語の偏差値が低く、国語は50を割り込むかなり低い数字でした。一方で得意な数学・理科は比較的好成績。偏差値58と68を行き来する数学と物理、ほぼ毎回85点と安定感抜群の化学は前期トータルで偏差値63と、自分の中でも納得のできる成績でした。また、地理は得意分野・苦手分野の差が顕著に出ていますが、トータルで58と、結局安定していました。苦手分野を埋めて、60まで伸ばしたいですね。

5教科の合計平均偏差は56.5付近。クラス平均が58ということを考えると、やはり相当足を引っ張ってしまっているなと、反省ですね。

前期成績・記述

一方、記述模試。こちらもクラス平均と比べると低いです。第一回で偏差値50を割ってしまった英語が全てを示していました。第2回になり、英語・物理・化学で偏差値は5上がったものの、まだ低い数字です。物理・化学が低い原因は、極端な弱点があるからで、そこを埋めさえすれば、伸びると思うのでまだいいです。最悪、理科が伸びなければ二次試験で理科を課さない大学(徳島大なと)に出願すればいいですからね。しかし、英語はどの大学も避けては通れないですから、この夏は特に英語中心の勉強になりそうです。

 

言葉の重要性

国語と英語が低いことで、担任の先生が言葉の重要性について説いてくださりました。医師になる上で、最も重要なのは手術や治療法を熟知していることではなく、患者さんとコミュニケーションがしっかり取れることだとおっしゃりました。その上で、国語と英語の能力は欠かせないと…

このあたりが医系と理系の違いですね。人間を相手にするという職業である以上、責任は重いし、人間としての能力が備わっていなければならないですから… だから、センター試験で要求される得点がとても高い、という事に繋がるのかなと思いますね。

言葉を学ぶに当たって大事なのは、やはり話すこととおっしゃっていました。英語が苦手といえど、ネイティブの人が喋れないわけではない。同じ人間なのだから、英語を取得するのは不可能ではないと思います。(どうしても日本語的感覚で読もうとするところがあるので、微妙なニュアンスの違いに苦労しますが)

 

夏の計画

この夏は、まずは英語に慣れる、言語に慣れるということから始めたいと思います。前期の間に、文法と単語は一通り学習しました。 マスターしたとは到底いえない状況ですが、基礎体力がついている状況にはなっていると思います。ですから、英語に慣れるということは、一見基礎的に見えますが、実は実践的なトレーニングじゃないかと思いますね。その英語に慣れるために、まずは簡単な英語長文を聞いて読む、ということを繰り返します。

また、数学理科はすでに実践演習に入っています。そこから苦手分野を引き出し、そこの基礎をガッチリと固めていきたいです。

 

岡大や広大医学部は確かに高い、だが、努力を積み続け、そこに行きたいという絶対的な意志、こだわりが合格を可能なものにする。最後にそうおっしゃってました。私が岡大を目指す理由、今一度思い返し、そしてそこに向けて努力を積んで行きます。現時点ではその距離は、非常に大きいものでありますが、一歩一歩、休むことなく確実に歩み続けたいです。

一人旅・東日本一周・第三編 〜北の大地に立つ〜

前回はこち

 

一人旅・東日本一周・第二編 〜緊急、東北新幹線〜 - ちっくーの日常記

 

旅行も3日目に入りました。前回の佐賀旅行で2泊は経験していますが、3日目は学校行事による研修でしたので、旅行として一人で3日目を行動するのは、未知の領域でした。…とはいいつつ、疲労を感じることはこの旅行中にはありませんでしたが(笑)

 

この日の朝はかなり早かったです。函館で行動できる時間を増やそうと思うなら、始発の普通電車で盛岡を出ないといけなかったんですね。その出発時間は6時45分ごろで、逆算すると6時にはホテルを出発しなければならなかったので、5時半に起きて準備… 朝が比較的苦手な自分にとってまあまあ大変でした(笑)

f:id:fuel_siuyf:20170701160444j:image

f:id:fuel_siuyf:20170701160456j:image

 早め早めの行動を心がけていたので、6時15分には盛岡駅前に到着しました。そこで見つけた桜らしき木。3月末であれば、徳島や高松は大抵咲いていますが、盛岡では咲くような気配が全く感じられなかったですね。この日の最低気温は3度でしたので、それでは桜も咲きませんね(笑) …今年の春の桜は、異様に遅かったですけど

6時45分ごろ、盛岡を出発。新幹線開通の影響で第三セクター化された、いわて銀河鉄道青い森鉄道(旧東北本線)を利用して、まずは八戸を目指しました。

 

f:id:fuel_siuyf:20170701161116j:image

f:id:fuel_siuyf:20170701161141j:image

途中で積もっている雪にやや驚嘆しながら、8時35分ごろ八戸に到着。一旦改札を出て、外から駅の外観を撮影して、乗り換え。9時に八戸を出発しました。今度は同じく青い森鉄道で、函館へ向かいます。

 

f:id:fuel_siuyf:20170701162705j:image

10時25分ごろ、青森到着。今度は乗り換え時間が短かったので、改札の外に出るのは不可能でした。北海道新幹線開通により、今は無き特急「スーパー白鳥1号」に乗車し、北の大地の玄関・函館を目指し、10時30分に出発しました。

 

青函トンネルの走行時間は約40分ほど。この間は電波が届かないので、機内モードのような状態で携帯と格闘していました(笑) 景色見ようにも、景色ありませんし(笑)

 

f:id:fuel_siuyf:20170701163127j:image

f:id:fuel_siuyf:20170701163148j:image

12時20分ごろ、函館に到着しました。不思議な感覚でしたね、ここまで一人で来たのか、それも飛行機に全く乗らずして、という感じで…

f:id:fuel_siuyf:20170702071256j:image

まずはホテルに荷物を預けに行きました。しかし、ホテルのサービス精神によるものでしょうか、大抵チェックイン前に荷物を預けに行っただけのつもりが、そのままチェックインの手続きをして部屋に入れるときって結構あるんですよね。それで部屋に入りました。

ところが、入るのまさかのツインルーム。フロントの方によると、シングルルームがいっぱいだったので、値段変わらずしてツインルームをご利用下さいと… おかげで部屋は広かったのですが、誰と寝ろと(笑) お化け…ですかね(笑)

 

部屋に入れたものの、昼食がまだでしたし、函館市街を堪能したいというのもありましたので、荷物を預けるだけで、昼食を求め函館朝市に向かいました。

f:id:fuel_siuyf:20170702071802j:image

北海道といえば海産物。ということで、(昼間ですが)朝市で海鮮丼を求めて散策し、「いくら亭」という店を訪れました。注文したのは五色丼。ウニとイクラとサーモンと、イカとカニだったかな、非常に豪華な昼食でした。山口旅行で食べたフグ料理についで、豪華だったと思います。価格は1500円… まあ妥当ですね。

f:id:fuel_siuyf:20170702225824j:image

f:id:fuel_siuyf:20170702225846j:image

昼食を食べた後、路面電車を利用し五稜郭を訪れました。タワーがあるので、それに登り上から撮影。

五稜郭については、あまり知っていることがないんですね。上から見たら本当に五角形だな〜ってくらいで…(笑)

雪が積もって、夕方になるとかなり綺麗な夜景が見られるそうですよ。冬に北海道となるとキツイですけどね、友達が一人大学合格し北海道に行っているので、撮影してくれないかなぁなんて(笑) まあ、彼は函館からかなり離れた場所で暮らしているので、不可能でしょうけど…

 

f:id:fuel_siuyf:20170702230212j:image

五稜郭を出た後は、南下して函館山に行きました。ここから見える夜景は、非常に美しいことで有名ですので… 高校地理では、陸繋島・陸繋砂州で取り上げられる場所ですね。

山頂までロープウェイで登り、到着したのは4時ごろ。さすがにまだ暗くなっていなかったので、ロープウェイの山頂駅でゆっくりしていました。

18時ごろ、陽が落ちて暗くなってくると、多くの観光客でいっぱいに… やはり名スポットというだけのことはありますね。どれくらいの人かというと、通勤ラッシュ手前の大阪環状線といった感じでしょうか(笑) 

f:id:fuel_siuyf:20170702230715j:image

そりゃあこんな夜景が見られる場所、なかなかありませんしね(笑) 今まで見た夜景の中で、間違いなく一番美しいものだと思っています。

ただ、一人で来てるんですよね。友達一人でもいりゃあ、寂しさは感じなかったでしょうけど… やはりカップルが多いわ多いわ… いつか、そういう形で行きたいものですね、残念ながら相手がいませんけど(爆笑) 例の一件でできた、お供を連れて行きましょうか(笑)

 

さて、函館山を下ったのち、ゆっくりと函館駅に戻って行きます。というのも、函館山から降りた街並みもこれまたいいんですね。

f:id:fuel_siuyf:20170702231156j:image

f:id:fuel_siuyf:20170702231220j:image

f:id:fuel_siuyf:20170702231242j:image

ここに雪が加われば、より美しい風景になるかと思います。徳島にはないので、神秘的な感じがしましたね。

 

f:id:fuel_siuyf:20170703131935j:image

さて、夕食。北海道でラーメンというと、札幌ラーメンが最も有名ですね。その濃厚な味噌ラーメンと対照的にあるのが函館の塩ラーメン。今まで食べてきたラーメンの中で一番さっぱりしていたと思いますが、美味しかったですね。 めちゃくちゃ辛いとか、そういうのではなかったので。これだと、何杯でもいけそうな気がします(笑)

 

塩ラーメンを堪能した後は、ホテルに帰って就寝。翌朝もまあまあ早いので、23時に寝てしまいました。

 

以上が3日目となります。夜景といい、料理といい、他所ではなかなか無いものを堪能することができたと思います。また訪れたいですね、その時は一人ではなく、ぜひ誰かを連れていきたいものです。

 

さて、次回は4日目。青森内陸を通り、日本海を横手に新潟を目指します。特に面白いことはありませんでしたが、頑張って文章を作っていきたいなと思っています。乞うご期待!

第2回校内模試

急に暑くなりましたね。換気のために窓開けていたら、部屋の温度が32度を示しました… 油断したら逝っちゃいそうですね…

 

今週の水曜日、第七回マークテストの結果とともに、6月の中頃に行われた第2回校内模試の結果が返却されました。

第一回は全体的に悲惨で、特に英語は偏差値50を下回る大失態。さすがに衝撃は大きかったですね。

その反省を踏まえ、1ヶ月後に迎えた第2回。今回は数学以外で成績を向上させることができ、まだまだ低いとはいえ、伸びが感じられた結果になりました。

まず英語、偏差値を53まで上げることができました。自分の英語の最大の弱点は語彙力だと思っているので、この1ヶ月、単語を覚えることに重点を置いていました。ひとまず超基礎レベルは押さえたことが、結果につながったのかなと思います。…が、まだターゲット1900でいうと、700前後というセンターレベルにもまだ及んでいないので、夏も語彙中心は変わらないかと思います。多分、高予備の中でも語彙力だけ計れば、下から200位以内に入っちゃう気がします… そこを積み直せば、安定した成績が望めるようになるかもしれませんね。

次に数学。点は前回より上がったものの、偏差値は下がりました。それもそのはず、微分の問題で(1)から微分を間違える失態を犯しましたから… (2)までの考え方は合っていたので、6点はくれたんですけどね。 ただ、これがもし本番だったら一発で首が飛んでいたので、この点は考え方は合っていたとプラスに捉えるのではなく、絶対にやってはいけないミスを犯したと深く反省ですね。

そのほかの大問はそれなり、数列で50点完答ができたのはプラスだと思います。

物理、あまり得意ではない中でも偏差値55まで上げることができていました。日々の演習の中で、思考力がついた結果だと思います。一方、基礎演習が全く足りていない気体・波動の基本問題はボロボロ。逆に標準から東大レベルまで敷き詰められた静電気力の問題で半分正解するということが起きましたが… やはり、まだ基礎演習が足りていないのでしょう、現役時代、高3になって勉強しなくなった結果が現れていますね…

化学、予想通り、理論は7割、無機有機は1割という成績でした。いかに有機化学から逃げていたか… ほぼ勉強時間ゼロですから。この間やっとエステルを覚えたばかりの奴が、点を取れるほど甘くないですからね。ここも基礎学習が足りていない証拠でしょう。

こう分析していくと、やはり全く勉強しなかった分野は点が取れていません。逆に、基礎を一通り積んだ分野は、それなりの点は取れているんですね。そのため、現時点で校内模試で点が取れないのは妥当だと考えています。そのため、クラス平均は下回っていますが、自分の中であまり気にしてはいないですね(さすがに偏差値50下回りはまずいなと思いましたけど) 夏の間、いかに基礎を押さえるか、ここが勝負の分かれ目の一つとなると思われます。

結局、難関大の入試問題を解析していくと、あくまで基礎の延長線上にしかないんだなと、思いました。その基礎の組み合わせ方によって、急に難易度が上がるわけですね。焦ることなくまず基礎を固めていきたいです。その際、ただ覚えていくのではなく、こうだからこうなるという思考を巡らせながら、学んでいきたいものですね。

次の校内模試は夏明け。昨年度受験した医学部チャレンジ併用の模試となります。順位を上げようと思っても、周りも勉強するわけですから、そう簡単にはいかないというのは承知しています。その上で、100位というボーダーを一つ越えたいですね。また、得意な数学化学では、最低でも7割、できれば8割を越えたいです。

数多くのマークテスト、模試を元に夏以降の勉強法が自分の中で明確になりました。はっきりとしたビジョンを持って、夏を乗り切りたいです。