ちっくーの日常記

医学部生が日常を思うがままに描くだけのブログ 毎週日曜日更新

祝!通算アクセス数3万突破!

f:id:fuel_siuyf:20181021210127j:plain

さて、もう一つ。なんと通算アクセス数が3万を突破しました、拍手!

 

正直言うと、ここまで伸びるとは思わなかった。というかここまで続くとも思わなかった(いや続いていたのか?)

 

開始1年半でこれだけ伸びるのは、自分としてはちょっと想定外ですね。一時期更新をさぼってた時期もあったので、おそらく今も記事を読んでくださる方は少ないと思いますが…

 

あまり文章力がなく、拙い内容でしかも面白くないブログですが、今後も見ていただけたら幸いです。忙しくて、またさぼり始めるかもしれませんが(笑)

姫路へ行ってきました

久しぶりの旅行カテゴリ… まぁ更新してこなかった自分が悪いのですが

 

朝晩が冷え込むようになってきて、秋がより深まってきたこの頃。あまりすっきりした天気が続かなかったのですが、今日は見事な秋晴れ。そんな中、仕事から帰宅した父親から突然、「姫路城に行こう」と一言。

…え?という感じでしたが、ほかにすることがないので、母親も加え三人で姫路へ行ってきました。

 

平成の改修を終えて初めて訪れた姫路城

実は姫路城を訪れるのは2回目でした。1回目は4年前(当時高校1年)に1人で行きました。その記事はこちら↓

一人旅・福岡佐賀+姫路編・後編 〜姫路追加の真相〜 - ちっくーの日常記

とはいっても、天守閣に入るのは初めてでした。記事に書いているように、前回は天守閣の工事が行われていた上、入場時間もぎりぎりだったので諦めました。姫路はおまけみたいなものだったので。

しかし、今回は姫路城が目的ということで訪れているので、当然天守閣に訪れなければいけませんよね(笑)

f:id:fuel_siuyf:20181021201738j:plain

こちらが姫路城敷地の外から撮影した姫路城の天守閣です。前回は隣に重機がありましたがそれもなく、秋の晴天も加わって前回よりも威風堂々と立っている、そんな感じがしました。

広大な姫路城前の広場を通過し、長い坂を上り天守閣に到達。天守閣は土足厳禁のため、一度靴を脱いで中に入り、さぁ見学開始!

階段が結構急で、人の数も多く、最上階に到達するまで結構疲れました。そこから見える姫路の街が、結構よかったです。人の数が多すぎて、じっくりと眺めることができなかったのは残念ですが…

f:id:fuel_siuyf:20181021201736j:plain

 

この姫路城、他の城と違う点として、博物館のようになっていないことがあげられます。大阪城にしろ、福山城にしろ、他の城は内部を一部変えて武器や防具、書物などを展示する棚を設けているものが多いです。姫路城はどちらかと言えば城の内部は改修工事で強度を上げること以外の、必要以上に内部を変えておらず、そのままで保存されていたんですね。こうすることによって、1546年に建てられた当時の技術のすばらしさというのを、身に染みて感じることができる、そう思いました。もちろん、世界遺産化されたために勝手に改変できない、という事情もあるかもしれませんが。特に日本で一番目に登録された世界遺産ですしね。

 

天守閣を下って本丸から撮影したのがこちら

f:id:fuel_siuyf:20181021201732j:plain

この角度から撮ると、より威圧感が増す… そんな感じがしました。

 

隠れた名所?屋敷跡地・好古園

好古園って聞いたことありますか?私も今回初めてその存在を知りました。姫路城の西側にあり、平成4年に開園したものです。パソコンで「好古園」と一発で出てこなかったので、認知度は低いかな?ですが、現代にある貴重な日本庭園の一つです。

ここはたくさんの庭があり、それぞれ異なる風景を映し出しています。

f:id:fuel_siuyf:20181021201741j:plain

これは御屋敷の庭で撮影したもの。広い湖があり、この近くに名称通り屋敷があります。この屋敷の中にはレストラン・活水軒さんがあり、姫路御膳など和食を提供しています。食事時間が終了しており、飲み物だけということで、注文したのは紅茶。これが非常においしかったです。

 

f:id:fuel_siuyf:20181021201729j:plain

これは松の庭。瀬戸内地方のアカマツ林をイメージした庭園とのことです。植物には詳しくないのですが、それでも風情は楽しめるのかなと思います。

 

その他にも様々な庭が存在します。姫路に行って時間がある際は、一度立ち寄ってはいかがでしょうか。

 

 

急に始まった日帰り旅行でしたが、楽しかったです。どこか行きたいな~、とか思っていたので、息抜きにはちょうど良かったです。

最近は愛媛や高知に行きたいと思っています。その際は一人ではなく、大学の友達でも現地の友達でもいいので、都合があれば一緒に行きたいな、なんて考えてます。学祭などで忙しい友達もいますけど、なんとか行けないかなぁ…(笑)

高予備の校外模試

あれ?更新が速い?

時間が有り余っているというか、やる気があるというか、そんな感じです。書けるときに一気に書いてやろう、そんな魂胆ですが(笑)

 

さて、今日のお題は高予備の模試についてです。予備校ということで、校内ではマークテスト16回と校内記述模試が5回行われているというのは以前も書いたと思いますが、それ以外にも校外向けに以下の4つの模試が行われています。

 

中四国医学部チャレンジ

中四国圏の高校に通う医学部志望の生徒さんなら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。8月の中旬に行われ、高予備の第3回校内模試と同じ内容です。ただし、成績は校内模試・医学部チャレンジで分けていますので、高予備生の医学部志望の生徒の成績が、医学部チャレンジの偏差値等に反映されます。

この模試は、校内模試の中ではやや易しい部類に入りますが、校外生(特に現役生)がみると難易度が高いのが特徴です。特に物理では電気、化学では有機化学の標準~やや難のレベルの問題が出るので、現役生にとっては非常に苦しい問題が多いと思います。数学では積分などを出さないといった配慮は見られますが…

母集団が医学部志望ということで、ほかの模試と比べると偏差値が低くなります。ただし、その分判定の基準値も低めになるので、その点はそこまで問題ないと思います。逆に言えば、この模試で偏差値70を超えるようなら相当学力があるといえますね。ちなみに現役の時の私の偏差値は35前後でした(笑) 昨年度は54とまずまずの数字でしたけどね。

 

岡山大学オープン模試

その名の通り、岡山大学と大問数・時間などをそろえた実戦形式の模試。岡山大学に関する実戦形式の模試はこれだけだったと思います。11月頭に行われます。

しかしふたを開けると、その難易度は岡山大学より高め。私はこの模試を現役・浪人と二度受験をしたのですが、平均点は結構変化していますね。実際の大学入試でも合格平均点が100点近く変化する、なんてことはよくありますが(笑)出題範囲は全範囲なので、二次問題の演習が不足しているとかなり苦労すると思われます。

場集団は岡山大学志望者なので、偏差値もそれなりの数字が出ます。難易度が高めなので平均点が低く、高得点を取ると大幅に偏差値が上がるのも特徴です。昨年の例だと、国語で一人とびぬけた受験生がいて、その偏差値は100を超えていました。林先生でも受験したのかなぁ(笑)

ちなみに現役の時の私の偏差値は52、昨年度は67でした。

 

香川大学オープン模試

岡山大学模試と同様です。11月頭に行われます。香川大学は数学が受験する学部によって変化しますが、それにも対応しています。医学部の場合だと、それ専用の問題になるので、手ごわいと何人か言っていました。

残念ながらこの模試は受験していないため、これ以上コメントができません… ただ、医学部は専用問題で偏差値が算出されるため、それほど伸びないですね。

 

大進研入試センター試験ファイナル

12月に行われる、センターという名の通り郊外模試で唯一のマークテストです。これは何とコメントしたらいいのやら…(笑)

センターの傾向にあまりとらわれていない形で問題を出している印象です。なので、平均点が科目によって大幅に変化します。全体的な難易度はセンター試験より高いのが特徴です。

この模試の結果を見ると、得点より偏差値を重視しているように見えます。実際その通りで、センターの予想得点が出るのですが、それは偏差値に基づいて算出されています。そのため、この模試を受験して合計点がかなり低かったからと言って落胆する必要はありません。

この模試で高得点を取るのは、センターレベルの演習を積んでいるだけだと難しいと思います。基礎を固めて、がっちりとした学力があれば、対応できる問題も多いかと思いますが… 現在のセンターで問われている知識・技能より、思考力を問う問題が多いかなという印象でした。ちなみに現役時は受験しておらず、昨年度受験したときの合計点は726点、偏差値65、予想得点は763点でした。

 

 

いかがだったでしょうか。問題の質は大手予備校の駿台河合塾と比べると、それほど良くはありません。しかし、実際に大学入試問題で出されたときは、その問題を解かないといけないので、そういった意味では受験する価値はあると思います。北海道大学などレベルが標準かつ構成がきれいな問題をきっちり解ききれるのも重要ですが、中四国の医学部でたまに出題される、若干雑なつくりで回答の構成が組み立てにくい問題を、基礎をフル活用し解ける能力も重要になってくるので、その練習になると思います。問題が雑!難しい!といっても、それが入試問題で出たら言い訳できないので…(笑)

後期開始 ~前期反省を踏まえ~

久し…ぶりすぎるだろ!?と自分で突っ込みたくなるくらい間が空いてしまいました、いやもう突っ込んでますけど(笑)

期末テスト、夏休みと色々バタバタしまして… 再試はなかったんですが、ブログ書く気力もなかったということで、はい(笑)

これでも先月のアクセス数500超えてたんですよね、一体だれが見てるのかしら…

解析を見てみると、予備校・大学受験に関する内容が圧倒的に多いですね。受験生やその親の方々が見てると推測できそうです。あんまり役に立ちそうな記事はないんですけどね。勉強法書いてくださいという意見を何件かいただいたので、やる気があれば書くかもしれませんが(笑)

 

さて、間が空いてしまっでいきなりですが後期が始まりました。今週は一週目ということで、オリエンテーションがほとんどですが(授業時間が早く終わる!)

後期からは生理学の基礎が始まるということで、しっかりとした学習が必要になってきそうです。前期はちょっと雑にやってたせいで、テストの結果もやや不満が残る内容でした。この辺は反省。生化学も前期に引き継いで行われるので、並行して学習していくのが、当面の課題です。

 

 話は変わりますが、授業時間が早く終わるということで、昨日は医学科の仲間たちとボウリングへ。そのあとのクレーンゲームで

f:id:fuel_siuyf:20181004234513j:plain

カービィちゃんをゲットしました。モフモフしてて触り心地がいいです(笑)

クレーンゲームはあまり得意じゃないんですけどね、頭の中で描いたイメージ通りに取ることができたのでその日は調子が良かったのかな?なお、ボウリングの成績はアベレージ60と凄惨たるものでしたが(笑)

 

書き始めると手が勝手に動きますが、その書き始めに至るまでが面倒くさくて(飛行機の離陸の原理と同じ?) 日曜定期更新となると、意外と忘れた!ってなることが多いので、なるべく日曜更新にはしますが、できなかった場合も日曜更新にこだわらず更新できたらなと思います。ペースは週に1回程度のつもりです。今後もよろしくお願いします。

最悪の大雨

旅行中止・未曾有の大雨

今週末に企画していた旅行は中止しました。どれほど雨が降ろうと行きたいと思っていたのですが、次々に交通手段が遮られ、物理的に不可能となったので仕方ありませんね。

ただ、取りやめて正解でした。今回の大雨で広島や岡山で甚大な被害が出てしまいました。台風が過ぎた後で、これほどの雨になるとは想像もつかなかった、そんな人が多いと思います。それも、西日本全体でこれほどの土砂災害が起きるとは思いもしませんでした。

思うと、木曜から雨雲レーダーを何度も監視したのですが、非常に気持ちの悪い雨だなと感じておりました。雨雲が線状に流れて行っているのに、ある部分(広島・徳島高知県境など)で非常に強い雨がずっと降り続いていたのです。

f:id:fuel_siuyf:20180708211717p:image

さらに気象庁の発表を見ると、今まで見たことないような警戒時間の図を公表していました。

f:id:fuel_siuyf:20180708211745p:image

気象庁もかなりの大雨を想定していたのでしょう。しかし、私自身はここまでひどくなるとは思いもしませんでした。平成最悪の大雨による自然災害と言っても過言ではないかと思います。

 

無事の報告

被害の映像をNHKの報道で何度もみました。そこに流れるのはどれも凄惨なもの。その映像が流れた同じ地域に私の友達や先輩が住んでいることが怖く、昨晩メッセージを送信しました。断水などの被害を受けている人もいましたが、ひとまず全員が無事だったのでよかったです。家の前に土砂が流れ込んできたなどという声もあり、本当に無事でよかったなと…

 

これからできること

今は無事でも、土砂災害が起こりうる状況は続いています。ですので、彼らには一週間ほどは油断せずに生活して欲しいです。今は少しの雨で一気に崩れてしまう場所も多いので… 該当地域に住まわれている方も、土砂災害には細心の注意を払うようお願いします。二次災害も十分ありますので、気をつけてください。

私たちにできることは限られています。現地に向かって救助するのは、自衛隊などのプロに任せましょう。私たちは、もし被害に遭われた地域に住む家族や仲の良い友人がいれば、一言メッセージを送ってあげてください。たった一言で、救われるケースは多々あります。

今なお倉敷市真備町など、水に浸かったままという甚大な被害が出ている箇所もあります。一刻も早い復旧が叶うことを願っております。

 

今回は非常に短い内容となってしまいました。皆さんの無事を祈っています。

2018上半期総まとめ ~受験・入学~

またまた滞納… というのもネタが見つからないんですよね(苦笑)昨年なら、毎週のようにテストはありましたし、自身の成長が目に見えてわかるのでそれをつづるだけでも比較的記事としては成立しやすかったんですね。それが無くなったもので、忙しいのにネタはないという最悪の事態に陥りました… ただの日記だと、読む価値もありませんし。そういうのはFacebookとかでやれよ!ってなりますから。

さて、今回は6月が終わり、一年も半分が過ぎたということで上半期の総まとめをしようかなと思います。皆さんもご存知の通り、私は人生2度目のセンター試験を受験し見事合格したわけです。そのため、かなり濃密な上半期となりました。順に追っていきたいと思います。

1月前半 センター試験、国語でつまづき理科で立て直す

年明けから、いつもと変わらず勉強漬けの毎日。予備校の寮に残って、授業以外の日は毎日最低でも10時間ほどは勉強していたかなと思います。絶対に同じ失敗をするもんかと、特に昨年度失敗した英語を中心に取り組んでました。

本番は昨年度とは違う緊張感がありました。ただ、仮に失敗した科目があってもそれに引っ張られないように、前を向いて取り組むことができたかなと思います。その結果は…

合計750.4/900

医学科としては微妙な成績に… 国語が110点しか取れなかったのがかなり痛かったかなと思います。一方、理科は198点、昨年度119点しか取れなかった英語(筆記)が180点まで向上するなど、それ以外の科目では大幅に成長し、嬉しさと悔しさが混じった気持ちでした。

1月後半 出願決定、得意の理科を捨て…

このセンターの結果をもとに前期の出願校を決定するわけですが、ある2択に迫られました。センターが素点になってしまうが二次力が十分に備わっている理科で勝負できる大学か、二次で理科が無いがセンターが傾斜配点で30点ほど上昇する大学かというものでした。しかし、医学科の試験で理科が得意とはいえ、30点のビハインドをそこで巻き返すのは非常に難しいと判断し、出願状況を確認しながら、1月29日に後者で出願しました。この時期は、英数重視の勉強でした。

2月前半 推薦受験するも、不合格…

2月4日に推薦入試を受験しました。これはセンターの素点と面接試験の二つで評価されるわけです。ところが、面接の手ごたえが非常に悪く、これは不合格だなと思っていたところ案の定不合格でした。この時期はちょっと精神的にやられました。体調不良にもなり… 合格していればよっぽど楽だったのにとか考えてしまいましたから… ただ、これで終わってはいけないと、この先はもう気力だけで勉強していたんじゃないかなと思います。

2月後半 運命の200分

2月25日、前期試験の受験… 2月はひたすら英語と数学に絞って学習を進めてました。苦手な英語と、運に左右されがちな数学の試験、ただやることはやったんだという気持ちで最後臨みました。正直に言うと、大きなミスを一つしてしまったので、これは不合格だなと思って面接試験は逆にリラックスして受けることができましたけど(笑)

3月7日 その瞬間

16:00に合格発表とあったものの、一斉に合格確認するためなかなかホームページが開けませんでした。開いたのは30分してから、不合格かなと思って見ているとそこには自分の受験番号が載っていました。そのときは嬉しさというより、頭が真っ白になってしまいました。部屋を出て友達に合格したというと、まるで自分が合格したかのように喜んでました。合格した本人より、友達のほうが喜んでいるという(笑) 高校の担任、進路課、そして母親に電話して、一度帰省するため寮を後にしました。母親が電話越しに泣いているのを聞くと、自分もたまらなくなってしまいました… あの瞬間は、今までにない感覚でした。

4月~ 1年遅れの大学生活

医学科生として、ほとんどの高校の同級生より1年遅れで大学生活をスタートした4月から今日まで、毎日が充実しています。高予備で同じクラスだった子も、高校の同級生もおらず、なかなか話し相手が見つからない時期もありましたが、今は少しずつその輪を広げていけてる気がします。ほんとに少しずつですけどね(笑)でも、高予備でもゆっくりと輪を広げていったので、自分はこのほうがあっているのかなと。無理に広げるときっと失敗しますから。

大学生活にも慣れてきて、今は本を読むことが好きになりました。どのような形で生かされるかはわかりませんが、様々な知識を身に着けて今後の生活に役立てていきたいなと考えています。

 

4月からはアバウトですが、軽くまとめてみました。今日から7月、2018年も後半に差し掛かりました。下半期頭の行事として来週は鳥取・米子に行ってきます。高予備で仲良くなったクラスメイトと、いろんな話ができたらいいなと思います。来週はブログ更新できない可能性が高いです、さっそくごめんなさい…

時期が開いて申し訳ありませんでした。今後も頑張りますのでよろしくお願いします。

広島・カープ観戦2018 ~一人旅5周年を迎えて~

また反省からですね、一か月ぶりの更新… 正直誰も見ていないのかなぁとか思って開いてみると、そのアクセス数は今月だけで既に800を突破している始末で… 申し訳ありません。

さて、GWの話までさかのぼってしまうんですが、4月末の3連休に広島に行ってきました。以前も申し上げました通り、カープファンですから、マツダスタジアムでタイガース戦を観戦しに行ってきました。

 

f:id:fuel_siuyf:20180429124030j:plain

座席も外野指定席、しかも7列目とかなり前側でした。自身初の外野席で、カープパフォーマンスシートの真下ですから、昨年8月に観戦したバックネット裏の内野自由席よりはるかに大きなカープファンの声援が聞こえました。宮島さんの大合唱の時には隣の人とコンバットで盛り上がるなど、とても楽しい時間でした。

 

この試合の先発は大瀬良大地投手。今シーズンからストレートの精度がかなり良くなり、昨日も先発だったのですがその立ち振る舞いはエースのような風格が出始めている、そんな印象でした。3回に阪神の梅野選手に一発を浴びてしまいますが、そこで崩れなくなったことが一番の成長でしょう。力強いピッチングで8回途中まで2失点にまとめました。ナイスピッチング!

一方打線は5回に菊池選手のタイムリーで逆転!さらに6回にはバティスタ選手が、7回には私が最も推している田中選手がホームランを放ち、一気に球場のムードが最高潮に!結果5-2で勝ちました!

 

f:id:fuel_siuyf:20180429162538j:plain

ヒーローインタビューにはバティスタ選手が上がり、通訳のクレートさんの生の声を聴くことができました! 一度は聞いてみたいなと思っていたところ、その機会が本当に訪れるとは思ってもいませんでしたが(笑)

これでマツダスタジアムの観戦歴は4戦4勝!うち3試合は相手をゼロに抑えて勝ってます、この試合も2点で抑えたわけですから、ひょっとして私はマツダスタジアムの守護神なのかな?とか思ったり…(笑) まあ、抑えた3試合の先発が、前田健太投手、ジョンソン投手、中村祐太投手と、好投手が多いのも事実ですが(笑) あれ、中村祐太投手なんか知らないぞ、という人もいるでしょう。力のあると言われたら、確かに前の二人には大きく劣ります。ただ、彼の投球がカープの先発陣に刺激されたのか、そのあと好投が続くようになりましたから、彼が投手陣を立て直したといっても過言ではないでしょう。素晴らしい選手ですよ、もちろん大瀬良投手含めて!今年も、カープから目が離せませんね。

 

個人的な話になりますが、私の一人旅は今から5年前に始まりました。2013年の3月に岡山へ一人で行き、9月には広島を訪れました。あの時は瀬戸大橋の開通25周年でした。広島行きでマリンライナーに乗っている中、車内放送で「今年は瀬戸大橋開通から30周年を迎えました」とあったので、ふと5年前にも同様の放送を聞いたことを思い出しました。時間の流れはあっという間ですね。今後も、私の人生に旅は切り離すことができない要素になりそうです。

「なぜあなたは旅を続けるのですか。」このように3年前ある友達から問われたとき、私は答えることができませんでした。ただ、今は逆にそういうものなんだなと思いますね。私が岡山に行きたいといったのも、後楽園に行きたいなどといった目的もありませんでした。ただ外に出てみたいなというそんなぼんやりとした感じだったかなぁ(笑) しかし、外に出ることで非常に多くのことを学べると思います。だから私は、また旅に出ます。もちろん青春18きっぷ、各駅停車で。