ちっくーの日常記

医学部生が日常を思うがままに描くだけのブログ 毎週日曜日更新

卒業式まで死にません

二週間ぶりの更新となってしまいました。先週は姉の引越しの手伝いもあり、時間が取れなかったので… 申し訳ございません。

 

さて、このタイトル見てなんだ?と思った人も多いかと思います。これは、ある人の日記をまとめた書籍のタイトルです。香川県宮脇書店でも売っておらず、長らく探していたのですが、大学図書館で見つけ、この一週間で読んでみました。

この本は、南条あやさんの日記です。この本の裏表紙には、こう書かれています。

ここにいるのは、特別な女の子ではありません。もしかしたら自分だったかもしれない「もう一人のあなた」ですー(以下略)

この文章から、この人が変わった人なんだなというのは推測できると思います。実はこの南条あやさん、重度のリストカット症候群であり、クスリマニアでもあるという、精神的な疾患を患った女性です。中学時代のいじめをきっかけにリストカット癖がついてしまい、また何度も自殺を図り、1999年3月30日、18歳という若さで亡くなってしまった方です。

いじめに焦点を当てた文章ではなく、精神面の苦しみに焦点を当てたような内容です。これ以上はネタバレになりますので、伏せますが…

現代の若い世代の死因第一位が自殺となっています。自殺を図ろうとした人や、彼女のようにリストカットといった自傷行為をする人はほかにもたくさんいるでしょう。私たちにはなかなか理解できないような苦しみを持っています。その一例である彼女の日記から、私たちが受け止めなければならないことは必ず含まれています。もしあなたのそばに、リストカットしている人がいたら、その人に「リストカットするとか、気持ち悪いな」などと簡単に突き放していいでしょうか。その答えは、ここにあると私は思います。

18にしてなくなった彼女の最後のメッセージ、あなたはどう受け止めますか?

 

推薦図書のような内容になってしまいましたが、私が最近読んだ中で一番心に残っている作品です。皆さんにも読んでみてほしいのですが、軽い気持ちで読んでほしくない、この人の文章に真摯に向き合いながら読んでほしいなと、思いました。

 

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

 

 

同級生と久々に再会して

4月に入りました、いよいよ新年度ですね。今日はエイプリルフール… といっても、面白い嘘も思い浮かばないので、いつもと変わらずのんびりと過ごしています。

今週は高校の同級生と会ってきました。先週の日曜日・25日はソフトボール部のチームメイトと、26日は3年の時のクラスメイトと、約一年ぶりに再会しました。久々に会って、ガラッと雰囲気が変わった子もいれば、一年前の面影がそのまま残る子もいました。

ほとんどの子が現役で大学に進んでおり、同級生といっても私のほうが一つ後輩となるわけで、大学生活について色々聞いてみました。忙しい子も、どちらかといえば暇という子もいましたが、聞いてみるとみんな充実した生活を送っているんだなと感じました。自分はいまいちピンと来ていないのですが、大学生活が始まって数か月もすれば次第に慣れるのかなと思ってます。

 

結論から言うと、久々に再会できてよかったなと思います。様々な道に進んだ友達と、どういうことを学んでいるのか、どういう風に生活しているのかなどを聞くことも、面白いですし、勉強にもなります。あまり突っ込んだ質問をすると嫌われちゃいますけどね(笑)

ただ、クラスメイトで集まったとはいえ、実際は8人しか集まってないわけで… もう少し集まれたらなと思いながらも、各々の事情もありますし、半分集めるのもなかなか厳しいのかなと思いますね。

ただ、来年には成人式があります。帰省する友人も多いと思うので、そこで一度集まることができたらなと思います。私が提案すると大概はスルーされるので、あとは同窓会のクラス幹事のほうに任せたいなと思います(笑)といっても、地域別に開かれるので、高校時代の同級生より中学時代の同級生で集まる可能性のほうが高いですが。

高予備の良さ

今週は、高予備の良さについて色々出してみようかと思います。というのも、最近Googleなどで「高予備 ブログ」と検索するとなぜか出てくるんですよね。アクセス数がかなり伸びたことも影響しているかと思います。ただ、今まで高予備の良さについてあんまり挙げたことがありませんでした。今回は、これから高予備で過ごす方や、検討中という方(寮はもう厳しいかもしれませんが)にむけて、一つ記事を作成しています。参考程度にご覧ください。

寮制度

高予備の最たる特徴といえば、やはり寮制度です。寮の定員は約700名ほどです。私が在籍した2017年度は全生徒数が1100名ほど。3分の2が寮に入ることになります。そしてほかの予備校と違う決定的なポイントが、原則として下宿が認められていません。つまり県外の人は必ず寮に入ることとなります。香川県内に住む子も入寮していることから、寮制度に魅力を感じる人が多いということもうかがえます。

そんな高松高等予備校の寮はいったいどんな感じなのか?答えは、勉強に集中できる空間であることです。個室は非常に狭く、勉強以外の器具の持ち込みは禁止されています。(携帯・スマホは持ち込むことができますが、使用時間は限られています)7時までに起床し、門限は17時、23時30には消灯・就寝という、徹底されたスケジュールで、かなり自由が束縛されます。浪人生なので、当然ではあるんですけどね。

寮・授業における必須自習

寮の生活の一つに必須自習があります。平日は19時から、途中15分の休憩をはさみ、22時15分まで、必ず自習室に入り勉強しなければなりません。また、授業や夏期講習の中にも組み込まれており、授業がない時でも基本的に15時30分までは予備校内に閉じ込められます。ただし、月曜日の午後は、マークテストが午前に終わる場合、自由となります。参加が義務で、最初は苦しく感じるかもしれませんが、1か月もたてばある程度慣れてきます。

開けた教官室

質問しやすい、というのも高予備の特徴の一つです。教官室は常に開放されており、先生は生徒の質問に対し真摯に答えてくれます(中には意地悪な先生もいます、いろいろあたってみるといいと思います)。また、個別に添削指導を引き受けてくださります。私は添削指導は受けていなかったのですが、友達には苦手な現代文や、二次レベルの物理の添削を受けていた子もいました。

ただ、放課後だと人気のある先生にはかなり待つことになるので、昼休みや朝などを利用するのも頭に入れておいたほうがいいと思います。

 

 

以上が、私の思う高予備の主たる特徴です。あくまで参考程度にお願いします。

母校のある先生が「最後に笑うのは、最後まで信念を貫き努力し続けた人だ。大事なのは大学に合格することではない。その大学行って、その後どうなりたいのかをしっかりと定めることが大事だ。そこから生まれる信念を、最後まで貫き通すことが最も大事なのだ」とおっしゃっていました。私が合格したのは、これをそのまま実行したからだと思います。医学科は、最後まで曲げませんでした。このブログを見てくださった、受験生の方は、まずしっかりとした目標を持ってほしいと思います。そして、その目標を最後まで貫き通し、合格を勝ち取れるよう、日々努力に励んでほしいなと思います。

「信念貫き行動で示せ」

です。受験生の方、頑張ってください

ブログ復帰・合格体験記 ~一年を闘って~

皆さん、お久しぶりです!

あれ、復帰した…ということは? そうです、無事国立大学の医学部医学科に合格しました!(皆さん拍手!←キモい)

まあ、どこの大学かは秘密にしておきます。自分のプライバシーのなさが出てしまって、どこかでバレる可能性がありますが… まあ、大学名は公表しても問題ないかもしれませんが、あえて伏せておきます。

さて、今日はこの一年を振り返ってみたいと思います。特にブログ更新がなかった好機を中心に振り返れたらなと思います。非常に長くなりましたが、気長に読んでいただけたらなと思います。

医学科には程遠い成績だった前期

ブログを頻繁に更新していた前期、実は成績がそれほど順風満帆といえるものではありませんでした。高予備のクラスは、4月にあるクラス分けテストにより決定されます。当然その時に調子が良ければ、実際の成績が足りていなくても上のクラスに配属されることができます。私がその典型的な例でした。比較的上位クラスでスタートしたのですが、マークテスト・記述模試の成績からすれば、なぜこのクラスにいるのかわかりませんでした。何せ2つ下のクラス平均と同じくらいの成績でしたから(笑)毎年100人を医学科に排出し、75人近くを旧帝大学に排出する高予備…そのように考えると、医学科合格には少なくとも150位以内には入っておきたいところですが私の成績は200位と、まず医学科には届いていませんでした。ブログでは比較的前向きにとらえていたものの、実際には苦しんでいました。まだ大丈夫だと思う一方、本当に行けるのかどうか… そんな葛藤が生まれていました。

意識が変わった岡大オープンキャンパス

8月の頭、以前にもブログに書きましたが、クラスの友達と一緒に岡大のオープンキャンパスに参加しました。一緒に行ったその子も医学科を目指しており、オープンキャンパスで話を聞いたことや、行き帰りでその子と一緒に話すことで本当に医学科に行きたいと改めて認識することができました。そこから意識が変わったと思います。自習時間が増えたのも、このころからです。また、授業中の集中力も増しました。このままではよくないと強く認識した結果です。

成長を感じ始めた後期前半

後期に入って成績は変わり始めました。苦手だった英語も大崩れすることは減り、模試などで安定した成績を取ることができました。さらに、それほど得意ではなかった理科が急成長し、高予備でもかなり上位に食い込める武器科目になりました。前期では考えられなかった100位以内に割り込むことも増え、成長してきたと実感していました。時に調子を崩す時もありましたが、200位を下回ることはなくなりました。8月の意識改革が、早くも結果に表れてうれしかったですね。

苦手科目で苦しんだ後期後半

しかし、すべてが順風満帆ではありませんでした。後期に入ってからも、地理と国語の成績は依然低く、英語も安定し始めたものの、医学科レベルには少し物足りない成績でした。センターが迫り始め不安も募る中、10月後半から地理と国語、11月下旬から英語、12月に数理のセンター対策が始まりました。それでも、12月頭で過去問を解いても730点しかなく、英国社でかなり苦しんでいました。それでもやるしかないと考え、必死で勉強していました。

センター直前、パック模試で高得点を取るものの…

センター直前の1月、高予備で最後のマーク模試(自己採点型のパック模試)がありました。そこでの成績は792点。12月末あたりから、英語と地理で高得点をマークすることが増え、国語もそれなりの点を取っていたため、過去問で770点を超えることも増え、ある程度自信をもってセンター試験に臨むことができました。しかし、本番のセンター試験において、国語で大失敗をしてしまい、750点と非常にきわどい点にまで追い込まれてしまいました。後々復習して思いますが、もう少し古文と漢文の対策ができていれば、もうちょっと違った結果になったのかなと思います。

センター失敗、心無いメッセージ、体調不良… 二次直前

センターが失敗に終わり、ヤケが回ってTwitterで質問箱を設置するという愚行をしました。今からすれば本当に何やってんだと思いましたが…当時の心理状況はとにかく冷静じゃなかったなと思います。その質問箱に、あるコメントが届きました。「あなたは何浪しても第一志望に合格できない、親のありがたみが勉強に全く表れていない」高校時代の同級生に相談したところ、気にしすぎるなよと言ってはくれたものの、センター試験が終わり切り替え状態にあったため、気にせずにはいられずませんでした。時々このコメントのことを思い出し、夜中泣いていたのも事実です。迫る二次と、このコメントから多大なストレスがかかったのか、生まれつき患っているアトピー性皮膚炎が悪化し、耳垂れ・頭痛も毎日のように起きるようになりました。

ただ、このコメント主に見返してやりたいと思いましたし、またもう一浪となると親に迷惑かけると思いました。最後は根性で勉強していました。とにかく勉強以外のことは考えたくなかったですね。

不合格を認識した前期直後、そんななかで…

前期試験、自信と不安を持って臨みました。最初の科目は数学、しかしいきなり焦り始めます。なぜなら大問1と2の(1)が解けないからです。この時、右手がかなり震えていました。しかし大問3が比較的易しく、ここからペースを上げて最終的には大問1・2の(1)も回答することができました。しかし、数学の試験終了後の昼休みに、大問3で問題文章を見落としていたことに気づいてしまいました。ミスが許されない医学科の入試においてあまりにも痛恨なミスです。

 そのあとの試験は開き直りました。緊張もなく、ただ集中して問題を解くことができました。オリンピックで宇野選手が、フリーの1回目のジャンプに失敗して開き直ったのと同じ要領ですね。まあその重みが違いますが… むしろ開き直れたので、合格できたのではないかと思っています。

ただ、前期が終わった後はダメだったと思って、もう翌年に向けて頑張ろうと数学や英語の参考書のレベルを一つ上げて、日々勉強していました。前期終わって、自習に出る友達が減り、合格発表日の午前には1人しかいないという状況でしたが、さすがに休むのは違うと思い、最後まで出続けました。翌年こそは…、と思って勉強してましたね。

合格発表、その瞬間

合格発表は16時、しかし集中アクセスでその時間が来てもなかなか画面が開きませんでした。まあどうせ不合格だろうと考え、晩御飯を食べに行こうとしたところ画面が開き… なんと自分の番号があるじゃありませんか!この時、喜びより驚きのほうが勝っていましたね。その日は一日中、ふわふわした感じでいました。自分より友達のほうが喜んでいる、そんな印象でした(笑)大学から合格通知が届き、やっと「合格したんだ。良かった…」と思いました。

 

 

さて、いかがでしょうか。決して平坦な道ではありませんでした。それでも合格できたのは、最後までやり抜いたことが一番だと思います。不安はありましたが、医学科という目標を貫き、決して曲げなかったこと。これが、最大の要因だと思います。また、夏に意識改革をしたことも大きな要因の一つです。その友達には、あらためて感謝しないといけませんね(笑)

ただ、一人で合格はできませんでした。多くの人の助けがあって、今の自分があります。このブログも、高予備に移動した4月からのアクセス数はすでに15000を超えました。皆様がどんな感情をもって、このブログをご覧になっているのかはわかりません。ですが、この数字が励みにもなりました。ありがとうございました。今後も、毎週日曜日に更新していきたいと思います。ぜひご覧ください!

【お知らせ】活動休止

みなさん、お久しぶりです。

本日をもちまして、入試が終了するまでブログ活動を休止させていただきます。

隔週更新と言ってから、わずか一度しか更新できませんでした。

受験生ということでしっかりけじめをつけなければならない、そう判断しました。センターまで100日になり、まず昨年度のトラウマを乗り越えなければなりませんから、相当な準備が必要になってくるわけです。そちらに集中させていただくため、今年度の入試が終了するまでは休止させていただきます。

 

文章力の無さから、支離滅裂な内容だったことも多かったと思います。しかし、アクセス数が増えていくたび、頑張って更新していくことができましたね。2月に開始し、現在12000件を超えるアクセス数を稼ぐことができました。開始当初はここまで伸びるとは思いませんでした。嬉しい限りです。

 

これまでご愛読ありがとうございました!来年の春、必ずこの場で合格報告できるよう、頑張ります!

後期開始・球技大会

滞納した更新… 申し訳ありません。

なんかもう、忙しすぎてそれどころじゃなかったですね。ちょっと落ち着いてきたので、また更新できそうですが…

 

さて、先々週の木曜日高松に戻って、金曜日後期が開講しました。後期はこれまでに固めてきた基礎を生かして、演習中心の学習になりますね。前期・夏と基礎を固めた結果は出ているのか、テストや過去問で、調子が悪い・できていない時の点が、極端に低いということは減りましたね。苦手な国語や英語で高得点はなかなか取れませんが、得点があまりにも低いということも無いので、基礎は固められたなと思います。野球で例えると、前期の成績は炎上と好投を繰り返す投手だったのが、今は完封・完投はできなくても、試合は作ることができてる、という感じですね(笑)

ただ、ここからが正念場ですね。現時点でセンター720点を取るだけの力はあると思います。ここからあと90〜100点をどのように伸ばすかです。基礎をさらに強固にしつつ、応用力を伸ばす必要がある、そう考えると大変です。それに、練習と本番は違います。練習でできていたことが、本番急にできなくなることもあるので、やはり本番で800点を越えるなら、センター850点を取れるような力が必要なのかなと思います。目標を下げず、しっかりと信念を持って頑張っていきたいです。

 

さて、後期開講して間も無く、球技大会(ドッジボール大会)が行われました。この球技大会は前回の体育祭と違って、クラス単位ではなく、主に同じ寮生を中心に15名のチームを組んで行うというものです。

私が所属するチームは残念ながら一回戦で敗退しました。しかしリフレッシュできてよかったです。

…という感じで隣コートの後ろを通って退場しているとき、流れ弾が顔面に直撃してしまいました。幸い大事には至りませんでしたが、かなり痛かったですね。 優勝したチームの主力選手に当てられたようで、まさに弾丸ライナーでした。被弾という表現がぴったりですね(笑)

 

この球技大会を終えたことで、年度内の高予備のイベントはすべて終わりました。ここから先はひたすら受験勉強です。強い信念を持って、自分の目標とするところに行けるよう、頑張ります。

【お知らせ】隔週更新、今後の活動休止予定

お久しぶりです、ただいま帰省期間に入り、ゆっくりと休みつつも勉強しています。全くしないというわけにはいきませんし、受験生に夏休みなどありませんからね。

 

さて、タイトルにある通り、完全に隔週更新にしようかと思います。先々週・先週の日曜は更新できませんでしたので、既になってるやんとツッコミ入れている方もいるかと思いますが…

医学科合格を目指して、この一年浪人という決断をし、はや5ヶ月がたってしまいました。そして、センターまで残り5ヶ月もありません。

昨年度のトラウマを乗り越え、800点という大台を突破するのは簡単ではありませんし、まだまだ自分の学力は取るに足らないと自覚しています。ですので、勉強時間を増やしていって身体面で疲労を感じるようになってきています。また精神面でも疲労がたまってきていて、平常心が若干崩れてきているように感じています。抑えてますけど、いつ爆発するかわかりません。

このような状況下で、毎週更新するのは今後辛くなると思われますので、隔週更新にしようという判断に至りました。

改めて申し上げますが、私は受験生です。それも浪人している立場なので、やはり時間は取れません。ですが、これまで継続してきたブログを切ることができないので、隔週更新にするということが最善だと考えました。

 

しかし、受験勉強が佳境に入ると、更新どころではなくなると思います。そのため先んじて活動休止の予定について述べさせていただきます。

現時点では、10月いっぱいで活動を一旦休止する形を取りたいと考えています。ですので、通常更新ができるのは多くても5・6回程度になるかと思います。あらかじめご了承ください。

先週日曜日の文の記事は明日掲載します。また東日本一周旅行も8月中には完結させる予定です。毎週楽しみにしてくださる方には申し訳ありませんが、受験生という立場上、致し方がないことだと思っていただけると幸いです。

 

まだ休止というわけではありませんので、休止するまでの間よろしくお願いします。